焼肉の美味しさは異常ですね

焼肉って改めて考えても美味しいですよね。最近は食べてないんですけど、また近々行きたいな。最初のタン塩がまた良いんですよね。レモンのたれにすごい合いますし、あの組み合わせ考えた人は天才です。実際細かい部位がわからないので、タン塩とカルビばっかり食べちゃいます。友達と行ったときは詳しいのでお任せして注文してもらっているんですけど、たまに変わったものがメニューに載ってるときありますよね。

たまに生でも食べられるあれなんでしたっけ。ユッケでしたっけ。あれがメニューにあるじゃないですか。ユッケだけは見た目でちょっと敬遠してしまって、口に入れられないんですよ。だから何だかんだ友達以外と焼肉行くときは食べるもの決まってしまいます。まあそれは良いんですけど、焼肉といえばタレじゃないですか。あのタレを作った人も天才ですよね。

あれだけ牛肉に合うタレを開発できるとか私はノーベル賞ものだと思います。海外旅行で料理は異なるんですけどしゃぶしゃぶを食べたんですよ。肉は良いものだったみたいなんですけど、如何せんタレが全く美味しくなくて、全然食べられなかったんですよ。その時改めて思いましたね。日本の料理に対する熱意というか研究というかとてつもない努力と失敗の積み重ねから生まれたんだろうなと。

あと焼肉といえばビールですよね。想像しただけで飲みたくなってきます。こんなだからダイエットに成功できないんだと思いますが、最近はスーパー酵素プラスという酵素ドリンクを飲むようになって、おなかのあたりがすっきりしてきました。
酵素ドリンクは美味しいので焼肉はほどほどにして、ダイエット頑張りたいです。

社会復帰するための足掛かり

学校卒業してから半年間就職活動していましたがニートから社会復帰する為に普通に就職活動してもほぼ不可能です。何故なら全く経験も無い中途採用の仕事を受けるには経験も無いのにわざわざ取るメリットが無いからです。派遣やアルバイトなどの非正規雇用でも経験の無い職種だと落とされる可能性があります。

誰でも採用されるのは工場や倉庫などの人が多い職場であれば経歴問わず採用してくれる会社が多いのでひらすら送りましょう。仕事内容も決して難しくなく若くて真面目に働けばそれだけで勤まるので実家かから通える範囲の勤務地で行けるのが理想です。そこからステップアップして社員を目指すのもいいですし貯蓄溜まるまでそこで働くのもありだと思います

働きながら就職活動するので最もおススメなのは夜勤の就職活動です。理由としては夜に面接する会社は殆どありませんし夜勤であれば両立がしやすく面接の都合も付きやすくなります。昼間のアルバイトですと主婦や学生に嫌味を言われる事がかなりの確率であるのでそういう人たちと関わらなく済みますし夜勤は下手すると夜勤の社員よりも給料が高くなります。

交代制だと辛いので出来れば固定勤務を希望しましょう。そして雇われるだけが選択肢の一つでは無く在宅ワークやネット販売などで稼ぐと言う事も出来ます。一つの収入だけで生計を立てようとすると失業した後の選択肢が無くなり苦しくなります。ニートの社会復帰する為に心がけるのは働くのではなく稼ぐと言う意識を常に持ちましょう